トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004/07/27

レンズ探しに終止符

デジタル一眼レフカメラを購入してからはや2年。ずっと一本のレンズだけで運用してきました。しかし、「もっと広角が欲しい」「もっとズームアップした画画で撮影したい」と思うことが増えてきましたので、撮影目的に合ったレンズを導入しようと思い立ったのでした。

「AF-S Zoom Nikkor 24~85mm F3.5~4.5G(IF)」をNikon D100で使用してきて、飲み会や風景写真、モータースポーツを撮影することがほとんどでした。今回のレンズ購入は、この目的に合致したレンズを導入することで、楽しく撮影できるようにしたいという趣旨で選択しました。


■レンズメーカーのレンズ
主な情報源は、カメラ雑誌ではなく、インターネット上のテキスト記事やサンプル写真でした。メーカーのホームページや各種掲示板を眺めながら、一度はこれだと候補を絞っては揺らぎ、また揺らぎ・・・という日々が続きました。
レンズメーカーのレンズを候補に入れたこともあったのですが、メーカーの写真を見ても、また掲示板の記事を見てもあまりいい印象を維持できることができませんでした。価格の割に明るいレンズであるなど、スペック的には魅力的なレンズが現れるものの、どうも「純正」という言葉に弱かったのでしょうか。結局は、私のカメラと同じメーカーであるニコン(Nikon)製品に帰着しました。


■購入は・・・
お店まで買いに出かけるのも、こう暖かい日が続くと億劫になってしまいました。というわけで、インターネット通販で行いました。
デジタル専用広角レンズやDタイプのVR 80~400mmも候補に上がったのですが、前者は「デジタル専用」というキーワードが気になり、後者はAF-Sではない(AFが超音波モーターではない)ことが気になり、断念する結果となりました。


【所有しているレンズ】
AF-S Zoom Nikkor 24~85mm F3.5~4.5G(IF)

【購入を決めたレンズ】
・Ai AF Zoom Nikkor ED 18~35mm F3.5~4.5D(IF)
・AF-S VR Zoom Nikkor ED 70~200mm F2.8G(IF)


■試し撮り
とりあえず屋内で撮影してみましたが、両レンズともにいい印象です。とくに、後者はスピードライトも使用せずに、1/10というシャッタースピードで焦点距離200mmでもぶれませんでした。科学の力恐るべしと感じた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/19

コイデカメラとレンズ

地元のカメラ関係のショップでチェーン展開しているお店でふと思いついたのが、このお店でした。数年前にNikon D100を購入するときにも調査対象として訪れました。Nikon AF用レンズを検討しているため、この3連休を使って2店舗ほど訪れてみました。

Nikon D100を探していた頃は、Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17~35mm F2.8D(IF)などお値段のはるレンズも陳列されていました。しかし、2004年夏現在は10万円以下のレンズがそれなりに置かれているという感じになっていました。一店舗だけかと思い、クルマで40分ほどかけて他の店舗も見てみましたが、ほぼ同様のレイアウトでした。

コイデカメラのホームページには、その事業内容を下記のように紹介しています。
1.カメラを核に、映像関連機器の販売
2.カラープリントを核に、映像の加工及び販売

実際に店舗を訪れた印象はいわゆるデジカメがメインで陳列され、入門機としてデジタル一眼レフカメラが一部置かれ、それとほぼ同格かちょっとだけプラスして35mmフィルムカメラが販売されているというイメージでした。フィルムやアクセサリ関連はそこそこ充実しているのですが、レンズはあまり注力していないようです。
やはりレンズなどは郊外型のお店での需要がそれほどないのでしょうか。レンズはターミナル駅そばの大型店舗で購入し自宅まで電車で持ち運ぶというのが一般的になりすぎたのでしょうか。レンズを目にしてどれにしようか見定めるには、ターミナル駅そばまでお出かけが必要なのかと、ちょっとだけ残念に思ったお休みとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/13

AF-S VR Zoom Nikkor ED 70~200mm F2.8G(IF)

クルマのことが幼少のころから大好きで、ここ数年で再燃しています。
2003年5月には「JGTC in 富士スピードウェイ」を観戦し、同年11月には冬空の下群馬サイクルスポーツセンターで開催された「2003アルペンワールドラリーミーティング」にまで触手を伸ばしました。ことし2004年4月には「INDY JAPAN 300mile」も体験し、趣味におけるクルマの割合がどんどん増していっています。

これと同時に、やはり自らの目で見たものをまた見返したいという気持ちもあり、カメラへの熱も高まっていくのであります。モータースポーツの場合、どうしても実際に走行しているクルマとの距離はある程度離れています。となると、望遠レンズが欲しくなるのは、もはや必然?!

使用しているカメラがNikon D100であることから、Nikonのレンズから選択しようと毎日のようにWebとカタログを行ったり来たりしています。

【候補レンズ群】
・AF-S VR Zoom Nikkor ED 70~200mm F2.8G(IF)
 手ぶれ防止機能が最大の魅力。予算オーバー必至。
・Ai AF Zoom Nikkor ED 70~300mm F4~5.6D
 安さが魅力。ただし、フィルターをつけると、ズームしたときにフィルターも回ってしまうみたい・・・。
・Ai AF Zoom Nikkor ED 80~200mm F2.8D
 これでAF-Sだったら、VRだったら、Gタイプだったら・・・って、そのまま「AF-S VR Zoom Nikkor ED 70~200mm F2.8G(IF)」になってしまうかぁ。定価で考えると、このあたりが限界です・・・。
・Ai AF VR Zoom Nikkor ED 80~400mm F4.5~5.6D
 AF-Sでないことが少々気になりますが、手ぶれ防止機能が魅力。問題は、とりまわしはどんな感じなのでしょう。

と、今日もあっという間に日付変更線を越えてしまいました。

いろいろと品物を見定める楽しさもありますが、その一方で苦しさも味わいつつ、まだまだ続きそうです。


2004年7月13日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/12

blogなるものをしてみんとす

blogという言葉を聞いてどのくらいの日数が経っているのでしょう。
Google等で検索して言葉の意味をたどってみるものの、いまいちイメージが湧かないまま放置してきました。
"案ずるよりも産むが安し"ということで、まずははじめてみることとしました。

Webサイトでは、自分の好きな車を中心に記述しているので、今のところWeb上では手薄になっている趣味である「カメラ」関連について何かしら展開できればと思っています。

カメラに関心を持ったのは小学生のころでした。気が付けば、写真クラブなるものに入部して、クラブ活動の日になると酢酸のニオイを嗅ぎながら、白黒写真現像を楽しんでいました。それからしばらくはカメラとは無縁の日々を送っていました。大学在学中にデジタルカメラに触れ、そのころからスチールにまた興味を持ち始め、現在に至ります。

現在は、Nikon D100とレンズ1本だけで、風景を撮影したり、クルマのレースを撮影したり、仲間を撮影したり、自由気ままなカメラライフを過ごしています。何をどのように撮影するのことが正しいとか、教科書的な情報を全く持たないままただひたすらにレリーズを押すという撮影スタイルのため、全く腕は向上していなかったりします。

最近になって、Web上の撮影に関する情報を読んだり、撮影写真のデータ(絞りやシャッター速度等)を参考に、撮影へのフィードバックをし、試行錯誤するようになりました。

というわけで、写真やカメラのことで何か思いついたら記述してみたいと思います。

2004年7月12日(月曜日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年8月 »