« 久しぶりの撮影 | トップページ | Musical Baton »

2005/07/21

Palm to PocketPC 2

■ソフトウェア「Intellisync Lite for Sony CLIE」
CLIE NX73Vに標準添付されている「Intellisync Lite for Sony CLIE」(以下、Intellisync)。これがあれば、CLIE内の『「To Do」、「アドレス」、「メモ」、「予定表」』の4アプリケーションのデータ情報をコンバートできるようです。今回は、まともに説明書も開かずに、製品添付品の確認をSONYのCLIEサイトで行い、度胸一発でインストールしてみました。インストールそのものは何も難しいところもなく、あっという間に終わりました。
Intellisyncは、CLIE本体と何かの間を取り持つソフトウェアで、インポート機能/エクスポート機能/シンクロナイズ機能の3機能を持っていました。私の場合は、あらかじめPalm DesktopやOutlook 2002をインストール済みで、それぞれCLIE NX73V、AximX50vと同期する環境になっていたため、Intellisyncを入れていざデータコンバートをする際も複雑な設定はありませんでした。ただ「メモ」と「予定表」を選択し、これらをOutlook2002に「エクスポート」するという設定をして、その後にCLIE NX73Vの同期開始ボタンを押しただけでOutlook 2002上にデータがエクスポートされました。あまりにもあっけなく終わり、肩すかしを食らったような感じでした。

■まとめ
CLIE(Palm)からPocket PCへのデータコンバートは、Outlookを経由するやり方が最も簡単なようです。
私の場合、CLIE(Palm)では標準アプリ互換のアプリケーションで、『「To Do」、「アドレス」、「メモ」、「予定表」』の4アプリケーションのデータを編集していました。ですので、Intellisyncを利用するだけで簡単に移行が行えました。
ちなみに、CLIE NX73VからAximX50に向かって「To Do」情報を赤外線通信でコピーすることができました。移設するべきデータがなければ一件ずつ赤外線コピーすることもできなくはないようです。

|

« 久しぶりの撮影 | トップページ | Musical Baton »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42774/5073573

この記事へのトラックバック一覧です: Palm to PocketPC 2:

« 久しぶりの撮影 | トップページ | Musical Baton »