« 高速道路上での故障車増加 | トップページ | 松下電器産業敗訴 »

2005/09/25

謙虚に検挙

朝、家族を迎えに見知らぬ土地を走行中、やってしまいました。
通行禁止違反(点数2、反則金7000円)ってやつのようです。

ルールを破ったという意味で全面的に悪いのはよく理解できるのですが、だったらその手前で「入ってこないでくださいね」って活動を警視庁さんはどうしてしないのでしょうか。明らかに検挙することを目的に、少し奥まったところで待機していました。こういうスタンスをよしと思えないんですよ。違反した私が言うのも何ですけれど、事故を未然に防ぎ、より安全な交通社会を維持することが警視庁さんに課せられた過大なわけで、検挙して国庫金をたくさん徴収することは本質であってはいけないと思います。確かにノルマだのなんだのがあるのかもしれませんが、それに異議ありといえない公務員さんばかりでは、日本の交通事情は全然改善されないと思うんです。

速度超過、むちゃな駐停車などにより安全な交通社会が脅かされることを悪として行動するのであれば、もう少し「法の運用方法」ってのを考えてほしいものです。

# またゴールド免許が遠ざかっていきました。無念・・・。

|

« 高速道路上での故障車増加 | トップページ | 松下電器産業敗訴 »

車・クルマ・モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42774/6117193

この記事へのトラックバック一覧です: 謙虚に検挙:

« 高速道路上での故障車増加 | トップページ | 松下電器産業敗訴 »