« 謙虚に検挙 | トップページ | GS430 vs GS350 »

2005/10/02

松下電器産業敗訴

読売新聞 2005年10月1日(土曜日)朝刊によると、松下電器産業がジャストシステム社を相手に起こしていた控訴審で敗訴したとの記事がありました。以下は、記事に書かれたものと私の感じたことをごちゃ混ぜで記載します。

■きっかけ
事の発端は、ジャストシステム社が開発・販売している「一太郎」や「花子」といったソフトウェアに実装されているヘルプ機能の一部でした。この実装が、松下電器産業の特許権に侵害するものであると、松下電器産業が提訴し、一審判決では松下電器産業の主張が認められ勝訴となりました。これを不服としたジャストシステム社が控訴したところ今回の結果になったそうです。

■特許法の変更
特許権に関する訴訟は、「(1)特許権侵害そのもの、(2)特許の有効性」といった観点で争われ、従来は(1)の問題を扱う際にはそもそも特許が有効であることを前提に審議がなされていたそうです。すなわち、無効であるような特許であると被告が感じた場合には、別途(2)の問題について訴訟を別途起こす必要があったそうです。
しかし、これでは被告の負担が増大すると言うことを理由に、特許法が修正され、(1)と(2)の両問題を取り扱うことができるようになったそうです。それゆえ「特許権侵害訴訟で特許の無効を認められやすくなる」という話もあったようです。

■どうなる今後
『権利を縦に裁判を起こしたら、「あなたの特許、有効性ありませんから!!残念っ!!」と言われてしまった松下電器産業』。裁判の詳細をずっとウォッチしていない、新聞でのみ状況を確認する、そんな一般市民には、そんな風に映ったのではないでしょうか。今回の争点である「特許」について、篠原勝美裁判長が「松下の特許は進歩性がなく、無効」と述べられたそうです。
また、記事で、特許に詳しい弁理士として紹介されている吉田芳春氏曰く「特許侵害訴訟のうち相当程度が特許無効と認定されている」とありました。
松下電器産業は、「権利ビジネスを展開しようとしたところ自己否定をしてしまう結果にあう法人や自然人は結構いる」という事実を知りながら訴訟に踏み切ったと思いますが、新聞記事では意気消沈といったコメントを残すのみでした。今後、松下電器産業は本件についてどうするのでしょうか。ちょっとだけ楽しみです。

|

« 謙虚に検挙 | トップページ | GS430 vs GS350 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42774/6208760

この記事へのトラックバック一覧です: 松下電器産業敗訴:

« 謙虚に検挙 | トップページ | GS430 vs GS350 »