« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/13

LEXUS GSの異音問題、意外な展開・・・【続報20051113】

ディーラーの試乗車「GS350」が万全の体制になったというので、再度試乗してきました。

前回のblogから今回の記述までに時間を要したのは、ディーラーから改善できたという連絡がなかなかこなかったからです。

■いざ高速道路へ・・・結果は・・・
さて、朝の9時にディーラー入りして、ディーラーの営業さんを助手席にして、高速道路へ向かいました。ディーラーまではSUBARU FORESTER(SG5B)で向かったのですが、GS350との乗り心地の差に驚きを感じました。GS350の足回りを堅いと思っていましたが、単純に堅いだけでないことが分かりました。比較してみると、差がよく分かるんですね。
それはさておき、今回ディーラーさんが直したというのは何をどうしたのかを高速道路までの道中で聞いてみました。しかし、営業さん曰く「あんまりよく分からない」とのことでした。ちょっと残念でしたが、とりあえずはクルマの挙動に集中することにしてみました。走行しているうちに高速道路にも入り、いよいよ異音が出るかどうかを確認するフェーズです。結果から申し上げますと、異音は直っていませんでした。やはり低周波は出てしまいます。前回よりは低めに抑えられているものの、ちょっと気になる感じではあります。一度気になると、やはり気にせずにはいられないという心理が働いたのかもしれませんが、少なくとも音はしていました。ここで営業さんが「どうしても特性上これ以下には音を抑えられないようです」とのコメント。ちなみに音が発生する速度域は約80km/hで、前回よりも少しだけ幅が狭まっていました。


■対策内容
ディーラーさんに戻り、今回の対策作業として何をしたのかを聞いてみました。営業さんとその上司の方がいたのですが、どうも話がかみ合っていません。で、営業さんがメカニックに聞きに行き、さらにその上司もメカニックに話を聞きに行くという、何とも奇妙な流れがありました。
紆余曲折合って分かったことは、
・プロペラシャフトを同車種から移植して状況が直ることを確認
・異音が発生したときのプロペラシャフトを再度装着し、組み付けし直した
ということでした。

ディーラーさんに入ってくる試乗車はおそらく初期ロットのものですので、まだばらつきがあったってことでしょうか。


■GS350の評価
ハンドルよし、スムースにシームレスに加速するエンジンレスポンスよし、走行中の安定感よし、といった具合に、基本的に家族も大満足しています。というわけで、基本的にはGS350でいってみたいなぁということになりました。あとは購入するだけかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iTunes 6.0.1.3のエンコード時のビットレートが変更できなくなる

気がついたらiTunesのエンコード時のビットレートがいつも使用している、「MP3-192kbps」から「MP3-160kbps」に変更されていました。iTunes側で何回設定を変更しても直りません。これはおかしいと思って、iTunesをアンインストールして、再起動して、もう一回インストールしてみても、状況は変わりません。アップルのWebサイトを検索しても、原因はわかりませんでした。そこで、googleで「エンコード時のビットレート iTunes」をキーワードに検索したところ、犯人がわかりました。ホシの名前は「トレンドマイクロ ウイルスバスター2006」・・・。全くもって予想だにしなかったところなので驚きでした。リアルタイムスキャンを切ってみたり、ウイルスバスター2006を止めて、iTunesの設定を変更してもいっこうに改善しません。トレンドマイクロさん、いったい何をしてくれるのやら・・・。

■参考資料
ウイルスバスター2006をインストール後、アップルコンピュータ社のiTunesでエンコード時のビットレートを変更できなくなりました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/11/07

東京モーターショー

2005年11月5日。
およそ20年ぶりにモーターショーなるものを見てきました。黒山の人だかりではあったものの、こういった大人数を扱うことになれている主催者なのか、大きな混乱もなく、そこそこに展示車両を堪能できたのは意外でした。意外といっては失礼なのかもしれませんが、本当に驚きでした。
今回見たかったポイントは、レクサス、スバル、BMWの三点です。あっ、あと、GT-Rもですね。

■レクサス
高級感あふれるLSのコンセプトモデルがステキでした。
クルマの、スキマというスキマがきれいにつくられていて、精緻なイメージがすごいです。現在のレクサスの最高峰セダンGSでも驚いたのに、それ以上のインパクトです。いやぁいい印象を与えてくれるクルマです。

■スバル
展示ブースがかなりアツい感じでした。オーナーとしては、すごくうれしかったです。技術的には、過給器付きエンジンとモータのハイブリッド技術や、自動運転技術を取り上げているようでしたが、紙資料を見るまではあまりそういった印象を持たなかったというのが正直な感想です。ちなみに、スバル360が展示してあったのはナイスでした。

■BMW
「いつかはBMWのオーナーに!!」。これが最近の私のテーマです。いちばんはじめyに購入した、トヨタ・スパシオでは人と荷物をたくさん積むことができることが最優先でした。そして、現在所有しているスバル・フォレスターでは、走る喜びと、そして人と荷物をたくさん乗せることができることがポイントでした。これまでに得られたものは、十分なパワーと長距離移動でも疲れない乗り心地でした。これをよりいっそう高めて、さらに操作系でのタッチの良さ、ドライバーに楽しみを与えてくれる操作系、これが次の購入ポイントかなぁと感じています。
ちなみに、展示車両の雰囲気は未来を感じさせると言うよりは、ふつうにショールームという感じで、現実感のある展示ブースでした。

■GT-R
人が多すぎて全く近寄ることができませんでした。写真も数枚撮影しましたが、肉眼よりはよく見られるものになっていましたが、ちょっと消化不良な感じです。雑誌を見ていた方がよっぽど全体像がつかめるという状況だったのがすごく残念でした。ちなみに、ルノーの展示スペースにあったスポーティカーにそっくりという印象を持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/01

Nikon D200、2005年12月16日デビュー

http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2005/1101_d200_01.htm

いよいよ、Nikon D100の後継機が発売されるようです。
Nikon D2Xの値下がりを待っていたのですが、D200に流れてしまいそうです。

D100とD200を比較すると、細かいことは分かりませんが、少なくとも連写枚数が格段に増えます。これは現在撮影時にもたもたして、いらいらしている部分が解消されることにつながるので、これだけでも十分ありかなぁと思います。

そのほかのスペックも見ていくと、
画素数 :D100が600万画素で、D200が1000万画素、D2Xが1200万画素。
ISO感度 :D100がISO200〜1600相当増感(ISO1600相当に+1、+2段)
     D200がISO 100 〜 1600(1/3、1/2、1段ステップ)、ISO 1600に対し最大約1段増感可能、
     D2XがISO100〜800相当(1/3、1/2、1段ステップ)、ISO800に対し増感可能
AF   :D100がマルチCAM900オートフォーカスモジュール
     D200がマルチCAM1000オートフォーカスモジュール、
     D2XがマルチCAM2000オートフォーカスモジュール
といったところが主な差のように見受けられます。

現在の私のスキルであれば、気になるところは連写枚数くらいだと思うので、D200はハイアマチュアを志向するものにはドンピシャリかも?!


■参考資料
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/digital/slr/d100/spec.htm
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/digital/slr/d200/spec.htm
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/digital/slr/d2x/spec.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »