« PASMOデビュー後の、とある関東のバス会社の路線バスにて | トップページ | この街 »

2007/05/11

モバイルnanacoデビュー

株式会社アイワイ・カード・サービスが提供を2007年4月に開始した、電子マネー「nanco」。セブン-イレブン・ジャパンが運営するコンビニエンスストア「セブン・イレブン」で利用できるサービスです。電子マネーといえば、Edy、Suica、Pasmoとメジャーどころだけでもすでに3つあります。これらに、さらにnanacoが加わることになります。

私はEdy、Suica、Pasmoを利用しています。このうち、Edyはおサイフケータイで利用しています。各種サービスを利用しようとするとICカードだらけになるため、nanacoの利用にあたってはモバイルnanacoを申込み、おサイフケータイで利用したいと考えました。

20070508_212506
そこで考えたのが、この写真の同意書文面です。同意書の第4項には、「モバイルnanacoのiアプリは、設定の如何にかかわらず、勝手に通信を行うことがある」と記述されています。この記述は、NTT DoCoMoのiチャネルでやられた私としては非常に気になりました(この件は、そのうち記述したいと思います)。
というわけで、早速問い合わせ窓口に電話をしてみました。すると、24時間受付の問い合わせ窓口ではあるものの、込み入った話は9:00-21:00でのみ対応しているとのことでした。おそらくは、一次窓口(簡単な回答までを担当)と二次窓口(一次窓口では対応できない案件を担当)という構成になっているんでしょう。というわけで、21時過ぎに電話をしたため、回答にありつけませんでした。

さて、回答が得られたのは翌日20時過ぎでした。結論から言うと、この通信そのものはモバイルnanacoを最新のバージョンにするための通信をしているそうで、プランにもよりますが通信料は最大3円/回、通信頻度は14日に1回程度となっているようです(2007/05/08時点)。回答を聞き、パケット通信定額制を利用していない私は安心して加入することにしました。

|

« PASMOデビュー後の、とある関東のバス会社の路線バスにて | トップページ | この街 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42774/15028258

この記事へのトラックバック一覧です: モバイルnanacoデビュー:

« PASMOデビュー後の、とある関東のバス会社の路線バスにて | トップページ | この街 »