« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/23

写真ワークフロー

20080101_150649
ボクは写真管理用ソフトウェアとして、Adobe「Photoshop Lightroom」(以下、Lightroom)とNikon「Capture NX」(以下、Capture NX)を利用しています。
大量の写真を管理するために前者を、現像のために後者を利用するというちょっと贅沢な使い方をしています。

ボクの本心としては、一つのソフトウェアで完結できるのであればそうしたいのです。もともとはCapture NXを中心に使用していました。しかしながら、デジタル一眼レフカメラに移行してからのカット数だけでも8,600枚を超えています。これらのファイルをちまちまと管理するには限界が来ており、やむを得ずLightroomを導入しました。

Lightroomは、ファイル管理だけでなく、レタッチ作業も行うことができます。編集結果は、写真ファイル本体に保存するのではなく、編集情報は別個に保存します。すなわち、元ファイルには一切の加工をしないという特性があります。この特性が良くもあり、悪くもありと感じています。
ボクの理想とするワークフローは以下のとおりなのですが、これができないようなんです。ボクはRAW形式で撮影を行っています。これをCapture NXで現像し、レタッチをします。この情報は、NEF形式のファイルに保存されます。Lightroomでは、レタッチ情報を引き継ぐことはなく、デジタルカメラの撮影素子からの生情報のみを読み取るようなんです。編集の勝手が良いCapture NXを生かしつつ、ファイルを管理するという目的はもろくも崩れ去ったようです。

■ボクが理想とするワークフロー
1、Capture NXで現像
2、Lightroomでファイル管理(JPEG形式でのエクスポート処理)
3、blog等にアップロード


写真のワークフローって、みなさんどのようになさっているのでしょうか。
Capture NXだけで管理されている方、Adobe Lightroomだけで管理されている方、それぞれのお話を聞かせてもらいたいと思う今日この頃です。

20080101_150649_nx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/14

掘り出し物~アントニオ猪木さんがキャラクターとなっている○○~

20080114_020235
地元から少し離れたところにあるスーパーで見つけた商品をご紹介。

この商品は、広島にある齋藤飲料工業株式会社が生産している炭酸飲料です。
アントニオ猪木さんがメインキャラクターになっているようで、商品ラベルにはご本人が描かれています。
商品名は「1・2・3 合格ダァー!!」といい、「闘魂注入 元気があれば受験も受かる?!」との補足コメントも書かれています。

いつ頃この製品が企画されたのか分かりませんが、200円弱の金額だったこともあって興味本位で買ってしまいました。お味の方はまだ確認していませんが、見た目はオロナミンCを薄くしたような色の飲み物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/13

ちょっと贅沢

20080111_213700
金曜日の夜は、ほんの少しだけキレイにまとめてみました。
この日訪れたのは、たつ吉(東京・大泉学園)というお店。大将はお寿司屋さんをされていた方で、このお店で出されるものは何を食べてもプロのすごさを感じさせます。ひと味もふた味も違うのは当たり前で、食べてみて楽しくなるようなものばかりです。
僕らがここを訪れると、まずは写真にもあるように刺盛を頂きます。大将の選んだお魚を堪能し、煮穴子でつめの絶妙さ加減に舌鼓を打ちます。ここまででお酒もかなり飲んでいるので、満足度はかなり高い状態になります。あとは、若さに任せて(?!)、若干ジャンキーなものを頼み始めます。こうなると酩酊度も高いのですが、こういったときにもすかさず大将のおすすめ料理が提示されます。この夜は、あおさの椀もの、しめじたっぷりのシチュー風が振る舞われました。
何度訪れても楽しくなるお店、食事を楽しめる雰囲気を提供してくれる大将に感謝、感謝、感謝です。
20080111_213900

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/01

謹賀新年

20071231_192638_2

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

07年はあっという間に過ぎ去ってしまい、落ち着くことのできない歳だったかもしれません。猪突猛進していたといえば、そんな感じです。08年はねずみさんなので、もっと忙しくなるのかな?!ちょっとそれは勘弁して欲しいなぁと思いつつ、今は休みを堪能することにします(笑)。

そんなわけで、年越しそばを食べちゃいました。
ここ数年は、近くの「喜作」さんのものを食することが多いです。
そばを食する理由を07年末は少し考えて食べてみました。ほんの少しだけインターネット上で検索をしただけですけれどね。諸説紛々あるようですが、「細く長く行こうぜ!!!」と「(蕎麦の切れやすさから)一年間の苦しかったこと、さようなら」ってなところがメジャーのようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年2月 »