« 菖蒲の花 | トップページ | Nikon D300およびD3に搭載された倍率色収差軽減機能 »

2008/06/19

文体の揺れ

Webページ作成やblog作成をしていて気になることがあります。

それは、文体の選択です。
「だ・である調」(常体)と「です・ます調」(敬体)が記述をする時々によってバラバラです。
より表現しやすい文体をその時々で雰囲気で採用していたら、結果としてこのような状態になりました。

ボクの知るかぎりのblogにおける文体は、口語体が多いようです。
口語体は近い感じはしますが、読み物として読むには少々厳しく感じることがあります。

読みやすさのための文体という価値を今更ながら見直してしまいました。

|

« 菖蒲の花 | トップページ | Nikon D300およびD3に搭載された倍率色収差軽減機能 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42774/41575646

この記事へのトラックバック一覧です: 文体の揺れ:

« 菖蒲の花 | トップページ | Nikon D300およびD3に搭載された倍率色収差軽減機能 »