« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009/03/31

偉大なる自然光

ボクのお仕事は完全なるデスクワーク中心。
それゆえ、平日は日光を浴びることがあまりない。
土日祝休日は疲れ切った身体をいやそうとするため、昼過ぎに起きる。となると、平日より改善されるが、日光を浴びている時間は非常に少ないことになります。

先週土曜日、朝9時に起床し、午前11時に家を出発し、午後12時過ぎから太陽の下でお花見をしました。
先週一週間は非常に慌ただしく忙しいものでした。ストレスはたまるは、睡眠は不足するは、心も体も限界に近づいていました。いつもはこれを睡眠だけで解決しようとしていましたが、どうやらそれは間違いだったようです。おとなしく太陽の下にいるだけで、自然に浄化されていくことを感じました。

日々の生活は人工的なものに囲まれています。そうした生活は機能的ではあるのでしょうが、それだけだと人は疲れてしまうんだと思います。自然のものに触れることでリフレッシュする自分がいることに気づき、自然の偉大さを改めて知った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/30

としまえんでお花見




3月28日(土曜日)に、としまえんでお花見をしてきました。
としまえんでのお花見は今回が2回目です。
昨年(2008年)はじめてとしまえんでのお花見を経験し、そのリーズナブルさに味をしめてしまいました。事前準備、事後片付け不要で楽しめるのは、かなりリーズナブルです。
20090328_140249


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/25

WBC二連覇!!

2009年3月24日(火)、今日はすばらしい記念日となりました。
WBC(World Baseball Classic)において二大会連続で、日本チームが勝利しました。

はらはらどきどきさせる展開だったために、かなりのめり込んで試合展開を見ることにもなりました。
これがかえって、勝利した後のすっきり感を増大させたようにも思います。

二連覇を決めた後のイチロー選手が少年のような目をしていたのが、非常に印象的でした。

P.S.
とてもすてきな誕生日プレゼントをありがとう!!
また一つ年を重ねます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/23

ごちそう




ふつうにお休みの日に食べる、まちの中華屋さんのラーメンが好きです。
ここ3年くらい、かなりの確率で食べているのが、
練馬区は大泉学園にある「たつみ」のラーメンです。
店舗は西武池袋線大泉学園駅南口にあり、駅近なので利用しやすいと思います。
ちなみにボクは出前での利用がほとんどで、一度だけ店舗に入りました。
店舗内でも出前でもクオリティに大きな差異が見られない、ほんとうに大事にしたいお店です。

さてさて、というわけで、今日は、麻婆茄子麺と麻婆豆腐麺を足して二で割った「麻婆茄子豆腐麺」。
豆腐だけでは水っぽい、茄子だけではかたすぎる、そんな印象を受けるので、適度に混ぜ合わせた本メニューは絶品です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/19

黄砂に吹かれて・・・




スギ花粉が少し落ち着いてきたかと思ったら、黄砂がやってきました。

黄砂は、中国大陸から海を渡ってやってくる、なかなか厄介なやつです。
テレビの情報では、以下のような特徴があるそうです。
・スギ花粉よりも細かい粒子
・成分としては鉄や銅のみならず、硫化某等の大気汚染由来の物質やカビ等も含む
・花粉症の症状がさらに悪化させたり、呼吸器系への悪影響をもたらしたりする

一難去って、また一難。
今日は屋外に出た瞬間にくしゃみを連発してしまいました。
しばらくつらい日々が続きます・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/17

BMW 323i(E90)でドアロック周りで不具合発生

わが家のBMW 323i(E90)で再びトラブルです。

購入当初から不具合のあったドアロック周り。
先日車検を迎え整備をしたばかりだというのに、またもや再発です。

今回は、
1、ドアロック施錠・解錠がドライバーズシート側しか利かなくなる
2、トランクの施錠がなかなかできなかったが、一度施錠できると解錠できなくなる
といったトラブルのようです。

過去にも
1、勝手にウィンドウが下がってしまう
2、勝手にドアロック解除する
なんてことがあったので、セキュリティが弱いクルマなんでしょうか・・・。

ちなみに、「同様の事例がある」とディーラーさんからのコメントがあったようなので、詳細わかり次第報告できればと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/03/16

三脚選び、迷走中

これまでカメラ本体やレンズへの投資はしてきたものの、三脚に関してはノーケアでした。
そろそろ華奢な三脚ではなく、まともな一台を用意したいと考えています。

ところが、三脚は一生ものなどの声を耳にはするものの、結構いいお値段で販売されているようです。
ただの固定器具、されど固定器具なのでしょうね。

ざっとGoogle検索をした限りでは、ボクの所有機材(カメラとレンズ)から想像するに、GITZOの2シリーズあたりを買うべきなのかなぁと思っています。
三脚だけかってもだめなので、おそらく雲台も選ぶことになるのでしょうが、かなり大変だなぁ・・・。

というわけで、おすすめの組み合わせなどありましたらご教示ください。


<<ボクの所有機材>>
■カメラ
 Nikon D3、
 Nikon D2X、
 Nikon D100
■レンズ
 Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)、
 Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED、
 Nikon AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)、
 Nikon AF-S Zoom Nikkor 24-85mm F3.5-4.5G(IF)、
 Nikon Ai AF Zoom-Nikkor ED 18-35mm F3.5-4.5D(IF)
■クリップオン
 Nikon SB-900、
 Nikon SB-80DX
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/13

言動不一致?! 人の振り見て我が振り直せ!!

最近ランチタイムによく見かける光景があります。
それは、就職活動中の大学生と社会人の二人組。
大学生の側から大学OB/OGを探し出して、いろいろなことを聞き出そうとしている感じです。
そんな中でボクが気になった光景をご紹介します。

■気になった光景
社会人: 「相手の立場になって物事を考えることが重要なんだ!!」
大学生: (ふむふむと頷く)

一見するとふつうの会話です。
いっていることは至極まっとうだとボクも感じます。

違和感を覚えたのは、社会人の行動です。

この会話をしていたのは、スペースがあまり広くない座席のお食事処でした。
お店の方に案内されたのは、就職活動中の大学生と社会人の二人組の隣の席でした。
この席に座るには、社会人の方に少し場所を移動してもらう必要がありました。
社会人の方は通路側に腕をはみ出して座っていたので、ボクが移動するには具合が悪かったのです。
そこで、少しよけてもらうために、「すいません、横を通りますので・・・」と社会人の方にお願いをしました。
しかし、「相手の立場になることの重要性を語る」社会人の方は、自分の話に夢中で全く気づきません。
らちがあかない感じでしたので、少し無理をして移動したときも、社会人の方は腕を大きく通路側にはみ出したままでした。
ちょっとした言動不一致なんですが、熱く語っていただけに、大きなギャップのように感じてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/12

表現すること

久米宏さんが司会を務める「久米宏のテレビってやつは!?」(2009/03/11 21:00放送分)での、久米宏さんの一言が印象に残りました。

■表現をするということは、人の話を聞くと言うこと
この日の放送では、久米宏さんがいろいろな場所をゲストともに訪れるロケものでした。その中で、放送関係の専門学校で話されていた内容がこれでした。
久米さん曰く、「表現し続ける(アウトプットする)には、その裏返しとして情報をインプットしなければできない。だからこそ人の話をきちんと聞くことができなければならない」んだそうです。
さらっと聞いてしまうと当然のような内容ですが、改めて聞くとはっとしました。

■まねぶ
換言すると、人はまねび、昇華させることで、成長し、自分を確立していくのだと思います。
お仕事もそう、趣味もそう、まずはきちんと見て、聞いて、感じなければ、その先はないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/04

AppleがiMac、Mac mini、Mac Proをリニューアル

http://www.apple.com/jp/

アップルが新製品を出しました。

ボクが昨年購入したiMacも今回リニューアルしました。
より安価で、大画面+CPU処理能力向上+大容量HDDを手に入れられます。

6ヶ月ほど我慢ができればよかったのでしょうが・・・。
精神衛生上の問題を考えると、昨年の購入は間違いのない行動だったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »