« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/30

デオドラント製品「Ban」 CM挿入曲を歌っているのは誰?

最近気になるCMが一つあります。
それは、デオドラント製品「Ban」のCM 香りワールド篇で流れている楽曲です。
早速製品を販売するライオン株式会社のホームページを訪れて調べてみました。

CMを観た(聴いた)感じでは、Hysteric Blueのボーカル Tamaさんのようでもあります。
昔からこういった声質にはめっぽう弱いボクなのであります。

さてさて、調査結果は以下のとおりでした。
歌:たむらぱん
曲名:「ちょうどいいとこにいたい」
作詞・作曲・編曲:田村歩美

Hysteric BlueのTamaさんではなかったのですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/29

NTT DoCoMo「P903i」、故障しました。

約2年間利用している携帯電話が壊れました。
音声通話時において相手の声は聞こえるものの、当方の声を相手に伝えることができません。

こういったときに限って、ふだんはあまり利用しない音声通話への着信が立て続けに3件ほど入りました。相手が携帯電話等でメールアドレスを持っている場合には状況を伝えられますが、一般加入電話のみしか伝達手段がない場合には連絡する術がありません。公衆電話を探しても見つけることができず、困ってしまいました。

iモード機能は正常だったので、近隣のDoCoMoショップを検索し、即入院させました。
結果、携帯電話本体の故障と判断され、修理工場へ送ることが決まりました。

携帯電話が機能しなくなってはじめて、そのありがたみを感じました。
当たり前とは何なのかをよく考えないといけないですね。


---
2009/07/13追記:
 2009/07/04夕方に修理完了の通知があり、翌日に無事修理完了品を受領いたしました。
 基盤交換を行ったようで、外装は未交換でした。
 修理時には、ICカードを利用したアプリ(edy、nanaco等)への対策が非常に面倒でした。
 また、着うたや着メロを事前にSDカードに出力しなかったため、再度有償でダウンロードするハメに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

【TIPS】Windows XP:USB HUB故障時の挙動について

USB HUBが故障する事例に二度も立ち会うことになりました。
発生現象を記述します。

■発生機種
バッファロー製およびグリーンハウス製USB HUB
(1)バッファロー製「BHB6-U2A01/BL」(USB2.0HUB セルフ&バスパワー両用 6ポート)[2006年2月購入]
(2)グリーンハウス製「GH-UHC204AS」(4ポート USB2.0 HUB)[2005年2月購入]

■発生現象
1、USB HUB経由で接続しているUSB機器を認識したりしなかったりを繰り返す
2、USB HUB経由で接続している機器以外を認識しなくなる(※ USB HUBを取り外すと認識が復旧する)
3、USB HUB配下に一切機器を接続せずにPCと接続した際に、電力不足やUSB機器の認識ができない旨のメッセージが出る
4、起動時間が異常に延び、タスクマネージャーで確認をすると「System」プロセスが90%以上、かつ、CPU使用率が90%以上となる(※ USB HUBを取り外すと復旧する)
5、無線LAN等思わぬものが認識不能になる

■その他
断線ないしはショートが経年劣化により起きているようです。
これはエラーメッセージからの推測です。
やっかいなことに、イベントログに故障をにおわせるようなエラーメッセージは記録されませんでした。
また、購入から3年から4年を経過したあたりで故障発生となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/22

東京・中村橋探訪:やきとり川名

A:「本日の集合は中村橋に17時」
B:「やけに早いけれど、美味い酒と肴にありつけるんだし、まぁいっか〜」

というわけで、中村橋の地を久しぶりに踏みしめてきました。

今宵は、やきとり川名さんを目指します。
ボクは失礼ながら存じ上げなかったのですが、友人たちの中では既知のお店だったそうです。
なぜ知ることになったかは・・・、写真を見ていただければご理解いただけるかと思います。

それはさておき、このお店は久しぶりに感じる気持ちのいい場所でした。
お店の方の人柄もよく、食べたいと感じさせる商品があり、注文してからの待ち時間もさほど長くなく、お酒は澤乃井がございます。あまりの環境の良さに、17時から18時30分までのわずか1時間30分ほどで大虎になってしまいました。楽しい時間はあっという間に過ぎると言いますか、ついついペースをあげてしまいました。

大人のマナーとして本日はここでいったん中締めとし、まだ日の明るい中、次の酒場へと向かうボクらなのでした。


20090620_182537


20090620_173929


20090620_174653

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/20

どちらがきれい?〜高感度撮影 or 低感度撮影+現像設定〜

とあるSNSで話題にしたテーマを実験してみました。
■テーマ
「高感度撮影」と「低感度撮影ののち、現像設定でゲイン」のいずれが、きれいな画を生み出すのか。
ふとしたことから疑問を覚えました。
デジタルカメラのいいところは、すぐに確認できるところです。
というわけで、早速実験です。

■実施内容
(1)適正露出よりも2段オーバーで撮影し、現像ソフトで2段減感する
(2)適正露出
(3)適正露出よりも2段アンダーで撮影し、現像ソフトで2段増感する


■テストに使用した機器
カメラ:Nikon D100
レンズ:Nikon AF-S Zoom Nikkor 24~85mm F3.5~4.5G(IF)
撮影画像形式:RAW
現像ソフト:Adobe Lightroom 1.4.1


■実験結果
(1)適正露出よりも2段オーバーで撮影し、現像ソフトで2段減感する

20090617_021157

(2)適正露出

20090617_021204

(3)適正露出よりも2段アンダーで撮影し、現像ソフトで2段増感する

20090617_021211


■所感
アナログカセットテープでノイズリダクションシステムを経験したボクは以下のような勘違いをしていました。
 ◆オーバー目に撮影し、現像時に減感することで、ノイズリダクションが実現できる

しかし結果を見ると、
 ◆アンダー目に撮影し、現像時に増感することで、ノイズリダクションが実現できる
となっているように感じます。

さらに驚きは、適正露出での撮影よりも、「アンダー目に撮影・・・」の画はすっきりしているようにも見えてきます。

仮に「アンダー目に撮影・・・」方式がよりよい画像を得るための方法だとすると、この撮影方法には以下のメリットがあるのではないでしょうか。
(1)シャッター速度をより速くすることができるため、ぶれ防止に貢献できる
(2)高ISO感度での撮影が苦手なカメラ機器でも、設定値は低感度のまま、実質的な「高感度」撮影をすることができる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/15

東村山駅西口、ただいま開発中


20090613_162731

東村山駅は東口と西口でかなり印象の異なる駅です。
比較的整備の進んでいた東口、旧態依然としていた西口。
そんな西口もやっと開発のメスが入れられました。
移行に際しては、コンビニエンスストアがなくなったり不便な思いもしました。
それと引き換えに、というと言い過ぎかもしれませんが、バスやタクシーの駐車スペースを十二分に考慮した空間が出来、開放感のある駅になりつつあります。

今のところの不満は、一般車両で送迎をするための空間が考慮されていないところでしょうか。
開発期間中故のことなのか、完成後もそうなのかは分かりませんので、まずはwatchしてみたいと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/13

【続報】【不具合情報】Windows Vista Business SP1にMS09-025(KB968537)が適用できない

エラーメッセージを考察してみました。

マイクロソフト社のWebページに以下の記述があります。
http://support.microsoft.com/kb/947821/

今回経験したエラーメッセージは、「0x80073712」でした。
上記のURLで照合すると、「ERROR_SXS_COMPONENT_STORE_CORRUPT」、すなわち、「コンポーネント ストアは不整合な状態にあります。 」を意味するようです。

推測するに、Microsoft Update中にハングアップしたことがきっかけで、コンポーネント ストアに不整合が発生し、これによりMicrosoft Updateも手動更新もできない状況に陥ったのでしょう。

原因の推察はできたのですが、この不整合を修正することは現時点ではできていません。
しかも、同時に、HDDの不良セクタも発見されました。
今回はHDD交換後のOSインストールを実行せざるを得ないため、原因は闇の中に消えてしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/11

【不具合情報】Windows Vista Business SP1にMS09-025(KB968537)が適用できない

Kb968537
昨日2009年06月10日(水)は、Microsoftからセキュリティパッチがリリースされる日でした。
我が家にはOSにWindows XPまたはVistaを搭載したパソコンが4台あるので、リリースされると適用するだけでもかなりの手間になります。

まずは常用しているWindows XPを搭載した機器から適用を開始しました。
一台は自動適用がすでに済んでおり、残すは一台でした。こちらはMicrosoft Updateからの適用で対応はすぐに終えることができました。

一方Vistaを搭載した機器ではなかなか壁が厚い事態になりました。
Microsoft Updateからの適用中にハングアップを起こし、再適用をするもMS09-025(KB968537)がどうしても適用できません。セーフブートで起動した後、あらためて通常モードで起動し、Microsoft Updateを実行してもNG。ならばと、モジュールをダウンロードして適用を試みてもNG。
掲載した写真は、モジュールによる適用失敗を起こしたときのものです。

さて、どう対処すればいいのやら・・・。

<<適用問題を抱えたWindows Vista搭載機器の仕様>>
パソコン: Dell INSPIRON1501
CPU: AMD Athlon(tm) 64 X2 Dual-Core Processor TK-53
OS: Windows Vista Business (Build 6001) SP 1
IEのバージョン: 7.0.6001.18000


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

いよいよ2009年9月にリリースされます。

主なトピックは以下の通り。
・Intel CPU専用となり、PowerPCとの訣別をはかる
・新機能追加ではなく、今ある機能をより洗練することに目的を置いた仕様
 → 処理速度向上、安定性向上、システムファイル容量のダイエット
・Grand Central Dispatchによる、マルチコアCPUを活かす取り組み
・Open CLによる、GPUの活用

Leopard(10.5.x)からのアップグレード版は30ドルもしないようなので、ちょっと購入を考えてみたくなります。


■参考URL
http://www.apple.com/jp/macosx/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

東京・中野探訪:うなぎ串焼き 川二郎

東京は中野に行って参りました。
ボクは東京の端っこに住んでいます。
そのせいか西武新宿線以南にはあまりお出かけする機会がありません。

今回は友人に手を引かれるまま、この地に足を踏み入れてみました。
今宵のお食事は、うなぎ串焼きの川二郎にて。
この日の開店は17時30分とのことでしたが、長蛇の列です。
袋小路のような立地条件にあるお店の前には16名ほどが、お店が開くのを待っています。
20090606_172609

お店は定刻通りに開き、各馬ゲートイン、ではなくて、入店します。
まずは、定番のオーダーである「一通り」を頼んでみました。
うなぎの串焼き6種を出してくれる、魔法のおまじないのようです(w

20090606_174042
20090606_174524
20090606_174842
20090606_175531
20090606_180233
20090606_181546

店舗は1Fと2Fに席があり、内装は昭和40年代をそのまま現代まで受け継いでいる、いい佇まい。
そのせいか、たまたま相席になった方ともあっという間に打ち解けて大宴会となりました。
食事やお酒に関する話に花を咲かせ、非常に楽しい時間を過ごせました。
偶然の出会い、これって大切ですね。なにか普遍的なものを感じました。

20090606_173226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/01

NEW LEGACY試乗(B4 2.5 GT)

日曜日の昼下がり、スバルのお店まで出掛けてきました。
目的は2つありました。
(1)ディーラー店舗の統合・移転により常用していた店舗が閉鎖されてしまったので、統合先の確認
(2)新型レガシィの大きさと価格の確認

統合先店舗は混雑する場所にあるため、自宅からの最適ルートを探りながら向かいました。
結果的には混雑の少ないルートを見つけられたようなので、今後はこれを活用しようと思います。

新型レガシィはボディが大きくなると噂があったようですが、目の当たりにすると「大きいなぁ」と口に出してしまうくらいボリューム感がありました。この大きさはメリットを生んでいるようで、レガシィもアウトバックも前席のみならず後席の乗降のしやすさが改善されていました。
また、B4の2.5 GTのS Package(5AT)を試乗しましたが、マイルドなターボの味付けとなめらかな変速が気に入りました。Dレンジのままパドルシフトで変速をすることも出来、しばらくするとDレンジに復帰する仕組みも非常にいいです。パドルシフトはステアリングと一緒になって動く構造で、フィーリングもいい感じです。
2003年にフォレスターを購入してからスバル車に関心を寄せていますが、いいところは残り、改善されるべきところが改善されているように感じました。

現在の愛車フォレスターが10万キロを超過したら、あるいは納車後10年を満了したら、購入を考えてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »