« 東京・中村橋探訪:やきとり川名 | トップページ | NTT DoCoMo「P903i」、故障しました。 »

2009/06/25

【TIPS】Windows XP:USB HUB故障時の挙動について

USB HUBが故障する事例に二度も立ち会うことになりました。
発生現象を記述します。

■発生機種
バッファロー製およびグリーンハウス製USB HUB
(1)バッファロー製「BHB6-U2A01/BL」(USB2.0HUB セルフ&バスパワー両用 6ポート)[2006年2月購入]
(2)グリーンハウス製「GH-UHC204AS」(4ポート USB2.0 HUB)[2005年2月購入]

■発生現象
1、USB HUB経由で接続しているUSB機器を認識したりしなかったりを繰り返す
2、USB HUB経由で接続している機器以外を認識しなくなる(※ USB HUBを取り外すと認識が復旧する)
3、USB HUB配下に一切機器を接続せずにPCと接続した際に、電力不足やUSB機器の認識ができない旨のメッセージが出る
4、起動時間が異常に延び、タスクマネージャーで確認をすると「System」プロセスが90%以上、かつ、CPU使用率が90%以上となる(※ USB HUBを取り外すと復旧する)
5、無線LAN等思わぬものが認識不能になる

■その他
断線ないしはショートが経年劣化により起きているようです。
これはエラーメッセージからの推測です。
やっかいなことに、イベントログに故障をにおわせるようなエラーメッセージは記録されませんでした。
また、購入から3年から4年を経過したあたりで故障発生となりました。

|

« 東京・中村橋探訪:やきとり川名 | トップページ | NTT DoCoMo「P903i」、故障しました。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42774/45443034

この記事へのトラックバック一覧です: 【TIPS】Windows XP:USB HUB故障時の挙動について:

« 東京・中村橋探訪:やきとり川名 | トップページ | NTT DoCoMo「P903i」、故障しました。 »