« 身の丈、身の幅が分からない?!~電車乗車時のマナー~ | トップページ | 東京・青梅探訪:澤乃井園 »

2009/10/19

東京・吉祥寺探訪:荻窪中華そば 春木屋

若かりし頃、荻窪のそばの学校に通っていました。
その当時から「春木屋」の名前は何回か聞いていました。
しかしながらボクは根っからの西武線ユーザーでした。
今も昔も「直行直帰」がモットーゆえ、中華そばにありつくことはありませんでした。

あれから十余年・・・。
いや二十年・・・。
体型も変わり、白髪も増え、おじさんになった今、なぜか食べてみたくなりました。
もちろん、締めのラーメンとして・・・(笑)。

この日は、「鱏鰭(えいひれ)」さんで食事をしたいと考え、吉祥寺を訪れていました。
夕方5時に「鱏鰭(えいひれ)」さんを訪れると1F席は80%の入店率で、相変わらずの人気でした。
ボクらの目的は2階の窓側席でしたが、「空いていないのではないか」と不安になりつつの入店でした。
結果的には希望通りの席に着くことが出来、二週間前同様に深酒モードへ・・・。

# お店のお姉さんがすこぶる好印象で、食事も美味しくて、やはりこのお店は素敵です。
# ボクは店を選ぶとき、お店の人の印象を重視します。どんなに美味しくても無愛想だったりすると、それだけで遠ざかってしまうかも。

深酒の後は、やはりラーメンです。
というわけで、さっそくiエリアで検索をしてみました。
すると、「荻窪中華そば 春木屋」さんの文字があるではありませんか。
というわけで、締めのラーメンあらため中華そばを食すべく、「鱏鰭(えいひれ)」さんをあとにいたしました。

中華そば 大盛 + 味付玉子を注文しました。ちなみにお値段はちょっとお高めの1,100円(税込)。
食べて分かったのは、以下のとおり。
 ・ラーメンではなく、中華そばであること
 ・スープは脂たっぷり濃厚であること
 ・味付玉子はとろっとろで美味であること
 ・大盛でも全然ボリューム感はなく、普通盛と見間違うほどであること

ボクにとっては新食感であり、物珍しさがありました。
ただ複数回通い詰めたくなるほどのインパクトがなかったのも事実です。
大泉学園駅南口のたつみ本店の「麻婆ナス麺」(650円)や池袋駅西口の七福神の「つけ麺」(700円くらい)の「味の良さ、ボリューム感たっぷり」になれてしまっているがゆえに、ちょっと辛口な判定をしてしまいます。

|

« 身の丈、身の幅が分からない?!~電車乗車時のマナー~ | トップページ | 東京・青梅探訪:澤乃井園 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42774/46523282

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・吉祥寺探訪:荻窪中華そば 春木屋:

« 身の丈、身の幅が分からない?!~電車乗車時のマナー~ | トップページ | 東京・青梅探訪:澤乃井園 »