« 東京・池袋・ラーメン屋:むてっぽう 東京店 | トップページ | 栃木県・宇都宮探訪:来らっせ〜バスケットボール〜カトリック松が峰教会〜大谷資料館 »

2010/03/30

テレビ東京系列番組「激走GT」、最終回

SUPER GTに関心を持つきっかけになった番組が終わってしまった。
レース中の模様を、とくにピットとドライバーの無線でのコミュニケーションを取り上げるなど、レースファンのカユいところに手が届く内容で毎週楽しみにしていただけに、この終了は非常に残念でならない。
実にあっけない最期で、番組出演者の挨拶もなにもなく、総集編と題して過去VTR映像を編集したものがたんたんと放送された。

2010年シーズンが開幕した瞬間に番組終了となるのは間が悪いと思うが、テレビ屋さんの都合で仕方がないのかも知れない(3月は番組改編期)。
事実上の後継番組はテレビ東京ではなく、フジテレビが制作している「SUPER GTコンプリート」になると思うが、初回放送を見る限りでは品質向上までにしばらく時間がかかりそうだ。レースを知らないMC2人(フジテレビアナウンサー1名と松井絵里奈)、そして、レース業界メンバーに対してなれなれしい態度をとるピストン西沢らの組み合わせが、どうも鼻についてしまう・・・。

さてさて、話題を激走GTに戻そう。
激Gレポーターの面々を見ると、意外と時代を反映しているような気がする。
振り返ると歴代のレポーターは以下のとおりだ。
 7代目(2009)レポーター:有村実樹
 6代目(2008)レポーター:川村ゆきえ
 5代目(2007)レポーター:JOSI
 4代目(2006)レポーター:山岸舞彩
 3代目(2005)レポーター:浅見れいな
 2代目(2004)レポーター:安田美沙子
 初代(2003)レポーター:鮎河ナオミ

テレビにそれほど詳しくない人が見ても半分くらいは他番組で見かけたりする布陣だ。
出演者の選択も悪くなく、レースの魅力を伝えていたにもかかわらず終了してしまうのは、やはりクルマに対する興味を持つものがマイノリティになっているということの表れなのだろうか。

今は、ただただ過ぎゆくものを追いかけてしまいたいという気持ちで一杯だ。

|

« 東京・池袋・ラーメン屋:むてっぽう 東京店 | トップページ | 栃木県・宇都宮探訪:来らっせ〜バスケットボール〜カトリック松が峰教会〜大谷資料館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

車・クルマ・モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42774/47937700

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ東京系列番組「激走GT」、最終回:

« 東京・池袋・ラーメン屋:むてっぽう 東京店 | トップページ | 栃木県・宇都宮探訪:来らっせ〜バスケットボール〜カトリック松が峰教会〜大谷資料館 »