« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/22

岩手県北上市探訪:みちのくラーメン

北上を訪れるとき、いや正確にはこの地を離れるとき、ほぼ必ずこの店舗を訪れる。そして、たらふく食べて、東京までの500kmを走りきるエネルギーを補給するのだ。
いつもならば連日の飲み過ぎにより疲れ切った状態で訪れるのだが、今回は違う。温泉ですべての疲れを取り払い、清々しい状態で訪れた。これは、ここ10年来、なかった快挙かもしれない。

注文はいつもと同じ、ネギミソラーメンと餃子。

20110212_115817
20110212_113705
20110212_113713
---
■お店情報
名称: みちのくラーメン
住所: 岩手県北上市大通り2丁目4−19
電話: 0197-65-1934


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/02/15

雪をもとめて〜大堤公園・新堤(白鳥飛来地)@岩手県北上市にて〜

雪をもとめて500km。
2000年5月ごろに訪れたとき、この地に白鳥が来ることを知りました。
その写真がこちら。
20000503_154626
20000503_154844

あれから11年の歳月を経て、再び訪れてみました。
雪と白鳥のコラボレーションを見るのだと意気込んだものの、なぜかボクはカルガモと思しき鳥に惹かれてしまいました。彼らは人に対する警戒心を全く持っていないようです。せっかくなのでパチリと写真を撮ることにしました。1m程度の距離でレンズを向けられても全く動じていない彼らに驚きましたが、この鳥はそういった性格なのでしょうか。
20110212_101436
20110212_101447
20110212_101658
---
名称: 大堤公園・新堤
住所: 岩手県北上市相去町高前檀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/14

雪をみたい〜旅館新清館@岩手県 湯川温泉にて〜

雪が見たい。雪の上を愛車で走りたい。
雪のあまり降らない地域に住んでいると、こんな非常識な願望を持つことがあります。

というわけで、アグレッシブな2011年のボクはぷらっと東北自動車道と秋田自動車道を使って、岩手県は湯川温泉まで行ってきました。
当地にはここ10年ほど、毎年夏になると訪れています。ただ冬に訪れた経験はありませんでした。夏に来ると、豪雪地帯であり2メートル以上の積雪があたりまえと聞かされていました。しかし、一度もその姿を目にしていません。雪を見たいという気持ちを叶えてくれ、かつ、温泉まで楽しめるとあっては、行かない理由はもはや残っていませんでした。

朝4時には目を覚まし、いざ北へ。東京のお天気は小雪がちらつき始めるか始めないかといったところでしたが、道路も凍結等なく、順調に移動できました。途中、恐ろしいほどの睡魔が襲ったため、何回か休憩し、おそらく大谷PAだったと思いますが3時間近く寝てしまいました。というわけで、宿に着いたのは17時ごろとなりました。どこかに寄り道していないんですが、10時間以上かかって雪の世界にやってくることができました。

18時ごろに食事をし、ご飯を三杯も食べてしまいました。お米がうまいってのは、本当にそれだけですごい幸せな気分になるんですね。晩酌をちょっとしたこともあって、かなり気分上々です。このままの勢いでお風呂にも入ってしまえって思いかけました。が、湯けむり殺人事件になったら宿にご迷惑がかかりますので、少し酔いを醒ましてから温泉を楽しみました。寒さの中にあったかい湯、ひとはギャップに弱いとは言いますが、このギャップがたまらなくよかった。久しぶりに冬の温泉地を訪れて、これまた大当たりです。

■旅館情報
名称: 旅館新清館
住所: 岩手県和賀郡西和賀町52地割121-2
電話: 0197-82-2201
備考: 携帯電話はNTT DoCoMo(FOMA)のみ利用可能。au by KDDI、Softbank、e-mobileは圏外。以上、2011年2月時点の情報です。2011年中?には、Softbankが利用できるようになるようです。
 
20110211_172749
20110211_180414
20110211_181955
20110211_182025
20110211_181158
20110212_090942


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/07

東京・池袋探訪:地酒や平瀬

今宵は居酒屋選定の指南役が不在でした。こんなときにIT(Information Technology)はどこまでボクを支援してくれるのかなぁと思いながら、今日のステージを探すべくMacの前であーでもない・こーでもないと情報をチェックしていました。何となく気に入ったお店をイメージしつつも、そろそろ電車移動をしなければいけない時間になってしまいました。移動中は、iPadでいろいろと眺め、心を決めました。

と、こんな過程で決めたのは、居酒屋「地酒や 平瀬」さん。
お店の外観からして、大人向けのゆったりとできそうな雰囲気が漂っています。
お店の戸を引くと、地下へと階段が延びています。ちょっと贅沢をしにいくための、このプロセスがこれまた憎い演出です。

飲みたいと感じさせる純米酒、純米吟醸酒が平均1,000円/一合ほど、食事は平均900円/一皿ほどで提供されています。どれも美味しく、上品な仕上がりです。旨い酒と食事を前にすると、ついつい杯を重ねすぎてしまいます。この日は四合ちょっとのお酒を頂きました。

二人で九合、食事が三点で、約11,000円(税込)。
ちょっと贅沢を味わいたい時に、2-4名ほどで伺うと存分に楽しめそうです。

20110205_185249

20110205_185259

20110205_190056

20110205_190106

20110205_191438

20110205_191546

20110205_191650

20110205_205834

20110205_213036

20110205_213145

20110205_213133
---
■お店情報
店名: 地酒や 平瀬[日本酒 居酒屋]
住所: 東京都豊島区南池袋1-23-2 地下1F
電話: 03-3980-1713

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/01

東京・練馬探訪:鹿児島郷土料理おはん

西武池袋線練馬駅から徒歩5分ほどの、線路高架の南側にあるお店「鹿児島郷土料理おはん」。
冬になるとどうしてもここに来たくなる。夏でもいいと思うのだが、ボクの中では冬のイメージが強い。

初めて訪れたのは3年ほど前になるだろうか。いやもっと前かもしれない。なにせお酒をたらふく飲んだ状態、すなわち、二次会のお店として訪問するので、確かな記憶はないのだ。

記憶は不確かでも、肴の美味しさは確かである。
さつま揚げときびなごを軸にこの日は注文をしてみた。もうこれだけで幸せだ。
冬将軍がかなり活躍していたので、芋焼酎のお湯割りとともにいただいた。

20110122_221844
20110122_201810
20110122_202240
20110122_202527
20110122_203102
20110122_203826
20110122_204501
20110122_210509
20110122_210827
20110122_211329
---
■お店情報
店名: おはん[鹿児島郷土料理]
住所: 東京都練馬区練馬1-6-12
電話: 03-3991-1104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »