« 原子力発電所の状況(2011/03/13 19:30時点で情報整理)[2011/04/07 01:56更新] | トップページ | 余震は数年単位で続く。これって常識? »

2011/04/04

春は来る

2011年3月11日(金) 14:46の大地震によって、いろいろなものが大きく変化しました。
自然の脅威、人間が作り出した脅威をきっかけに生活への影響が起きています。
震源地に近いところだけではなく、日本全体へ影響するとは地震発生時には思いもしませんでした。
生活基盤を失い、放射能の脅威にさらされ、企業活動(とくに製造業)では部品調達ができずに代替品の手配等に追われることを予想だにしませんでした。

それでも、季節は巡り、春はすぐそばまで来ているようです。
桜の花が芽吹き始め、花を咲かせ始めました。
立ち止まっていては何も進まない、そんなことを自然は教えてくれているのかもしれません。
Don't look back. Go ahead.

20110402_173117


|

« 原子力発電所の状況(2011/03/13 19:30時点で情報整理)[2011/04/07 01:56更新] | トップページ | 余震は数年単位で続く。これって常識? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42774/51296196

この記事へのトラックバック一覧です: 春は来る:

« 原子力発電所の状況(2011/03/13 19:30時点で情報整理)[2011/04/07 01:56更新] | トップページ | 余震は数年単位で続く。これって常識? »