パソコン・インターネット

2011/01/25

【TIPS】iPadとGoogleカレンダーを同期させる方法

2010年に発売されたiPad。
Googleカレンダーと同期させる方法は、iPadを快適に使うためにはぜひとも知っておきたい情報の一つだと思います。
というわけで、これらについて解説をしたページへのリンクを以下に貼付けておきます。

■iPadでの設定例
http://ascii.jp/elem/000/000/527/527762/

■iPhoneとの設定例・・・Google本体ではiPadでの例を解説したページはない?
http://www.google.com/support/mobile/bin/answer.py?answer=138740&topic=14252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/08

Chromeを導入してみました

遅ればせながら、ChromeなるWebブラウザを導入してみました。
バージョンは、Chrome 8.0.552.215(Windows XP、Mac OS X 10.6.5ともに)。

導入して気がついた点は、以下のとおり。
(1)JavaをOffにするGUIがない(Java ScriptはGUIでON/Offできます)
(2)Windows XPを搭載した古いパソコンでは描画速度の速さを実感
 ※ 2008年製Macではあまり差異を感じることができませんでした
(3)クラウド的対応
 ※ ブックマークや設定情報をGoogleのデータセンター上に保管し、IDとPasswordによる認証で、複数台のパソコンで同じ設定を共有できます。
(4)カラーマネジメント機能にも対応している模様
 簡易的にチェックするときに見ているサイトで確認してみました。
 お花の画がMacでは少なくともどれも同じ発色でした。
 ※ 参考URL http://miyahan.com/me/report/computer/070125_WUXGA_LCD/ColorManagement.html

しばらく使い続けてみて、気がついた点があればまたポストします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/06

【TIPS】Mac OS XのTime Machineのバックアップ先をUSB HDDからNASへ変更〜既存バックアップ環境を引き継ぎながら〜

Mac OS X 10.5(Leopard)から始まったMac Life。
Macを導入した理由は、Colort Management System(カラーマネジメントシステム)がしっかりしてそうなところと、Time Machineが決め手でした。

2008年からUSB HDD(500GB)をTime Machineのバックアップ先として指定して、ふだん使いではバックアップすることを意識することなく運用していました。
2010年に入りバックアップ元データが少し増えてきたので、NAS(2TB)にバックアップ先を変更することにしました。

移行にあたっては、Time Machine機能対応を謳っているNASを購入し、以下の資料を参考にしました。
参考文献1
参考文献2

■主なポイント
1、バックアップ先となるディスク・イメージ「スパースバンドル・ディスクイメージ」の名前
 「コンピュータ名_MACアドレス.sparsbundle」というファイルが、Time Machineが使用するバックアップ先の実体になります。
 ここで使用するMACアドレスは、MacでAir Mac(無線)を使用していても、有線ネットワークカードのものを使用します。

2、移行前と移行後のマウントされたファイル名称は同じにする
 Mac OS Xではマウントされるとデスクトップ上にアイコンと名前が表示されます。
 この名前を移行前後で合致させておいた方がいいようです。

3、データ移行には、Mac OS X付属「ディスクユーティリティ」を利用する
 既存Time Machineのデータ(USB HDD内格納)を新規Time Machine環境(NAS)に移行する際には単純にファイルをコピーするだけではNGになるそうです。
 私は事前に上記情報をインターネット上で見かけたため、本ツールの使用を最初から試みました。

4、移行完了の確認方法
 移行後に、バックアップを取得します。
 私の環境ではバックアップ取得を試みようとしたところエラーが発生したので、Macを再起動しました。再起動後、Time Machineのバックアップ先が旧環境になってしまったので、あらためてNASに設定を戻しました。
 バックアップ取得後、「Time Machineに入る」を選択し、過去のバックアップデータとともに今回のバックアップ取得情報があれば、取り急ぎOKとしてよいかと思います。
 厳密にはリストアのテストもするとさらによいのでしょうが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/25

写真関連のお買い物:Adobe Photoshop Lightroom3

■Adobe Photoshop Lightroom 3
2010年6月25日(金)にリリースされる本製品。一日前にわが家に届きました。
とりあえずはiMacに導入を終え、Ver.1と少々違うユーザーインターフェースに戸惑いながらの使用開始となりました。
既存Ver.1環境を持った状態でアップグレード導入すると、Ver.1とVer.3が混在した状態になりました。Ver.1のアンインストールは別途手動で実施する必要があるようです。
アップグレード導入後Ver.3を初めて起動すると、カタログファイルをVer.3仕様に更新するかを訊ねられますので通常は更新をしてしまえばよいと思います。

※ 早速不具合発見!!
写真の取り込み時にファイル名を同時に変更する機能があります。変更時に設定で「日付-時分秒」の形式にすると、UTCの時間で扱われてしまうようです。一度取り込んだあとにファイル名変更をすると、ボクの利用しているMacで設定されるJST(日本標準時)で処理をしてくれたので、ちょっとした不具合になるようです。


20100625_072309

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/06/14

iPadを購入する・しない〜3G+Wi-fi・Wi-fi

6月に入ってからずっと頭をもたげていることがあります。
それは、iPadを購入するかしないか、そして買うなら3Gを切り捨てるか否か。

日々迷っているので、頭の中を整理する意味でもblogに記載してみます。

■携帯するITデバイスに求める機能
・質量が軽いこと(理想は500g未満。ふだん持ち歩いているカメラ「Olympus E-PL1レンズキット」が約477g)
・パソコンのキーボード同様の入力インターフェースを持つこと
・メモ帳機能を有すること
・スケジュール管理機能はGoogleカレンダーと同期ができ、ネットワーク接続不可能な際にも参照・編集ができること
・メールは定期的なチェックで確認するだけでなく、携帯電話同様にサーバープッシュ方式も利用できること。
・デジタル一眼レフカメラで撮影した内容を一時保管するフォトストレージの役割
・ほんの少しだけWebアクセス

■iPadと理想のギャップ
現在のiPadは限りなく近いのですが、質量とメール部分は差があるようです。メールは3Gを利用し、xxxx@i.softbank.jpのアドレスを取得してもサーバープッシュ方式ではないと、ヤマダ電機のおじさんが教えてくれました。ただ、mobile meに加入するとサーバープッシュ方式になるそうですが、こいつには年額約1万円のコストが発生します。
カレンダー機能についてはGoogleカレンダーと同期可能であることまでは分かりましたが、ネットワーク未接続の際にどうなるのかが不明です。

■コスト
3Gに加入すると、iPad本体以外の3G利用料金をソフトバンクに支払う必要があります。
これが意外と安くありません。
1-24ヶ月までは月額3,225円(税込)を払います。ちなみに、24ヶ月で74,400円なり。
25ヶ月以降は月額4,725円(税込)を払い続けなければなりません。ソフトバンクの提供するWi-fiサービスを継続する場合は、さらに月額500円くらいが追加になります。
※ 2010年6月13日(日)時点で調べた結果


とりあえず今日のところはこんなところで・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/13

Adobe Flash Player 10.1リリース

取り急ぎWindows Vista稼働マシンとMac OS 10.5.8稼働マシンに導入してみました。
Mac OS X 10.5.8に導入されたバージョンは10,1,53,64でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/09

Adobe Photoshop Lightroom 3

Adobeからメールが届いていました。いよいよ本製品がリリースされるとのこと。
Adobe社のWebページを確認すると、2010年06月25日(金)に正式発売になるそうです。

というわけで、今回はbuy it!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/12

Twitterクロスポスト設定を施してみました

ココログ、すなわち、@niftyが提供しているblogで投稿をすると、タイトルとURLがTwitterの自分のアカウントに記載される機能があるそうです。
というわけで、とりあえずテスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

【FYI】Officeのライフサイクル

ハードウェアだけでなくソフトウェアにもサポート期限があります。
たとえば、それはあなたが使用しているWindowsだったり、Officeだったり、Adobe Acrobatだったり。

今回、Windows環境からMac環境への完全移行を考えたときに、Officeのサポート期限が気になり調べてみました。
Windows版Office Basic 2007は2017/04/11(延長サポート終了)
Mac版Office 2008 for Macは2013/4/9(メインサポート終了)
 ※ 調査に利用したURL: http://support.microsoft.com/lifecycle/?c1=505

Mac版よりもWindows版が手厚くサポートが提供されます。
主なインパクトはセキュリティパッチ提供が続くか否かになります。
これを大きな影響と捉えるか否かは個々人の価値観に依存するところですが、ボクは気になってしまいました。
Windows環境を残す形も模索する必要性が出てきました。

その他のMicrosoft製品に関するライフサイクルについては以下を参考にしてみてください。
http://support.microsoft.com/gp/lifecycle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/07

移行計画[Windows→Mac]の肝はOffice

Windows 3.1の頃からMicrosoftのGUI OSを使用してきました。その前は、MS-DOSを利用していました。
2008年に写真という趣味へどんどん傾倒していくにつれ、Macの導入をいたしました。
そして、2010年、5年近く利用していたDELLのノートPCが故障してしまいました。

そこで、困ったのがOfficeおよびメール環境をWindows上で今後も運用するのか、Macに移行してしまうのか、という点です。2010年4月上旬にPC故障が判明してから約1ヶ月悩んでおり、今日DELLのサイトで購入処理をしたところなぜかエラーが出て購入できません。これは、Windows PCへの投資をやめるべきであるという神様からの思し召しなのではないかと思えてきました。単に、Mac OS X上で動作するFireFoxないしはSafariからは購入処理ができないだけかもしれませんが、非対応ブラウザがなんであるかの明記をDELLサイト上で見つけられなかったので「思し召し」と解釈しつつあります。

そんなこんなでメール環境はなくなってしまうと不便なのでとりあえずMac環境に移行をかけてしまいました。毎日TimeMachineでばっちりバックアップも取得しています。
となると、Office環境を引っ越すべく、Mac用のOfficeを買うかどうかです。Windows PCを買うよりもリーズナブルなのは間違いないので、今回は移行してしまおうかと真剣に悩んでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧