ニュース

2011/07/01

2011年夏、節電を強制される日

2011年7月1日より、東京電力、東北電力管内の大口需要家の方々を対象とした電気事
業法第27条に基づく電力使用制限が発効するそうです。
同法27条では、電気供給不足で国民生活に影響を及ぼす場合、政令によって、経済産業大臣が電気の使用を一定のレベルに制限することができるとしています。また、同法第119条が100万円以下の罰金について定めているようです。

あらためて、
http://www.meti.go.jp/press/2011/06/20110630012/20110630012-1.pdf
を読み、一部箇条書きでまとめると下記の通りとなるようです(下記の<<法規制の概要>>を参照ください)。

しかし、けったいな法律です。
一般事業者に電気使用量の詳細制御を強制し、しかも1時間ごとの平均値で超過した場合には罰金を科すという脅し文句までついています。
実施しなければ厳しい状況というのは理解できます。が、罰金を掲げるあたりは、なかなか素直に承知するまでには至っていません。
超過に対して罰金をとるなんていう法律を作って満足するべきではなかったのです。使用される電力をすみやかにセーフティーゾーンへ誘導をする仕組みを、平常時にきちんと考えておくべきでした。事が起きてから対応するのでは準備が間に合わないことをあらためて知らされました。人為的な事故から3ヶ月半ではそこまで十分な準備ができなかったのです。
懸命な政府・官僚・電力会社には、原子力発電所の問題を収束させるとともに、これからの電気供給システムとはどうあるべきかをインフラ提供者として再考を願います。
「従前と同じでいつまでもいいはずはない」「定期的に、現状を見直す」といった運用の基本をないがしろにした罪を、われわれ国民が罰として受けることに違和感を禁じ得ません。

<<法規制の概要>>
◆対象者
 大口需要家(契約電力500kW 以上)
◆対象期間
 東京電力管内は9月22日まで、東北電力管内は9月9日まで。
◆適用される時間帯
 平日9-20時のみ。
◆ルール
 「昨年の上記期間・時間帯における使用最大電力の値(1時間単位)」の15%削減した値を使用電力の上限とする。
 故意による使用制限違反は100万円以下の罰金の対象。
 # テレビ東京のWBSによると、罰金の支払い命令については、オフィスビルの場合、テナントにではなく、オフィスビル所有者に出されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/13

原子力発電所の状況(2011/03/13 19:30時点で情報整理)[2011/04/07 01:56更新]

東京電力、東北電力、原子力保安院、読売オンラインの情報を総合すると、現況は以下のとおり。
なお、情報は常に変更されると思われる。各機関の公の情報を正とすること。

◆福島第一原子力発電所の全6基[2011/04/07 01:56更新]
http://plixi.com/p/89813376
→ No.1-6の状況を継続監視する必要性あり

◆福島第二原子力発電所の全4基([2011/03/13 19:30時点で情報整理]がベース)
1:原子炉内の温度が100度以下で、圧力も大気圧に近い状態で安定した「冷温停止」[2011/03/14 18:16更新]
2:原子炉内の温度が100度以下で、圧力も大気圧に近い状態で安定した「冷温停止」[2011/03/14 18:16更新]
3:原子炉内の温度が100度以下で、圧力も大気圧に近い状態で安定した「冷温停止」
4:原子炉の入った格納容器内の空気を抜く
→ No.4の状況を継続監視する必要性あり

◆東北電力女川原子力発電所の全3基([2011/03/13 19:30時点で情報整理]がベース)
1:原子炉内の温度が100度以下で、圧力も大気圧に近い状態で安定した「冷温停止」
2:原子炉内の温度が100度以下で、圧力も大気圧に近い状態で安定した「冷温停止」。建屋等に損傷が見受けられる。
3:原子炉内の温度が100度以下で、圧力も大気圧に近い状態で安定した「冷温停止」
→ No.2の状況を継続監視する必要性あり

◆東北電力東通原子力発電所の全1基([2011/03/13 19:30時点で情報整理]がベース)
1:停止していた。諸々あったものの問題なし。

日本放送協会: 地上波、http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/
東京電力: http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031312-j.html
東北電力: http://www.tohoku-epco.co.jp/emergency/9/1182275_1807.html
原子力保安院: http://kinkyu.nisa.go.jp/kinkyu/2011/03/1630-20.html
読売オンライン: http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110313-OYT1T00278.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/12

2011年東北地方太平洋沖地震

2011年03月11日(金) 14:46。
仕事の打合せをしていると、揺れがボクらを襲った。
揺れ始めの時点では想像できないほど、長い時間に渡って大きな揺れが続いた。
ボクがいた東京都中央区のオフィスビルからは、お台場の火災の状況や千葉のガスタンクと思われる火災の状況が確認できた。
未曾有の大惨事。
昼間の地震であったため火の手が上がることはないと考えていたが、現実は大きく異なった。震源地から数百キロメートルも離れているにも関わらず、東京でのダメージは決して軽いものではなかった。
20110311_150339
20110311_150409
20110311_153000
20110311_155733
20110311_175125


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/15

PSEマーク~電気用品安全法

電気用品安全法という法律がいよいよ本格的に動き出すらしいです。
なんだか中古品を取り扱う企業が大慌てのようです。

参照URL:

平成11年に電気用品取締法(旧法)が電気用品安全法(新法)に改正され、平成13年4月1日に施行されました。規制対象製品には新法マーク(PSE)を表示することが義務付けられました。
 その際、既に電気用品取締法に基づく表示を付して市場に流通している規制対象製品については、経過措置として、期間を限って販売又は販売目的で陳列することが認められました。
 販売の猶予期間は、対象となる製品ごとに次の表のとおりとなっています。販売猶予期間が5年のものについて平成18年3月31日で終了することになりますので、予めお知らせいたします。

 平成18年4月1日以降、新法マークが表示されていない対象製品を販売又は販売目的で陳列することは、法令違反となりますので、ご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)